加齢臭対策.com>生活習慣改善で加齢臭対策

生活習慣改善で加齢臭対策

加齢臭と生活習慣とは非常に密接な関係があります。特に、生活習慣の乱れは、加齢臭の原因となる物質を過剰に分泌させるようになるため、生活習慣の乱れは加齢臭悪化の原因となります。特に、ニオイが気になったその瞬間が改善のチャンスでもあります。ぜひこれを機会に加齢臭対策のために生活習慣の改善を図りましょう。

生活習慣と加齢臭の関係

加齢臭の原因物質ノネナール」や「9-ヘキサデセン酸の生成を減らす」などでも説明しているように、「加齢臭対策=ノネナール対策」と定義することができます。

中でも、生活習慣の改善は加齢臭の原因物質の分泌自体を減らすことにつながります。体の中から変えていくことになりますので、短期的な行動では効果はほとんど見られないかもしれませんが、長く続けることにより加齢臭を抑えることができるようになります。さらに、加齢臭対策のための生活習慣改善は、これ以外にも様々な面での健康効果を生み出しますので、ぜひチャレンジしてみてください。

「脂質の過剰摂取・喫煙・飲酒」→「中性脂肪の増加」→「脂肪酸生成」→「9-ヘキサデセン酸」→「分解:ノネナール」→「加齢臭」という流れのどこかをストップさせることができれば、加齢臭は予防できるのです。

ノネナール発生までの工程を遮断して加齢臭発生を抑える

まず第1に食生活面での改善が挙げられます。加齢臭の大きな原因はライフスタイルの欧米化が大きく起因しているといわれています。その中でも最も大きなものの一つが食生活です。また、このほかにもライフスタイル(喫煙・飲酒)なども大きくノネナール発生に関係しているとされています。
ここでは、生活習慣面の改善からノネナール発生を抑える(加齢臭発生を抑える)方法を解説していきます。

中性脂肪とは何でしょうか?「中性脂肪(トリグリセド)」によると「肥満や食べすぎ、運動不足、過度の飲酒などが原因で値が高くなる血液検査の検査項目」とされているように、こうした点を予防するようにすれば、中性脂肪の増加を減らし、最終的な加齢臭の元である「ノネナール」生成を抑えることができます。方法としては大きく下記の3つの対策が有効です。
アルコールの過剰摂取を控える
脂肪分の摂取を控える
食物繊維をとるようにする

第2に、この中性脂肪が酸化することについて考えます。「活性酸素」という言葉を聞いたことがないでしょうか?一時期さかんに健康系のテレビ番組などでも取り上げられてきました。こうした活性酸素は身体を酸化させる働きがあり、余分な活性酸素は細胞を傷つけたり、体内の脂肪分を酸化させてなどの働きがあります。
禁煙する
抗酸化物質を摂取する

第3のポイントは、皮脂腺から対外に排出された脂肪酸(9-ヘキサデセン酸)を酸化・発酵させないということです。この対策となるのは抗菌剤や抗酸化剤などを使ったグッズによる対策もありますが、そちらは「加齢臭対策グッズ」の項目に譲るとして、生活習慣面からの改善として「体を清潔に保つ」ということが何よりの対策です。
体を清潔に保つ

最後は運動。運動不足の状態だとちょっとしたことで汗をかきやすくなり、さらにその汗が雑菌が繁殖しやすいアルカリ性へと傾くため、加齢臭や汗臭さが際立ちます。適度な運動を行って汗をかく習慣を付けることで体臭を抑えることができます。
適度な運動を行う

 

関連情報
加齢臭対策と生活習慣に関するQ&A

 

加齢臭対策グッズ 人気商品

即効性のあるクリームタイプ

おすすめは「ラヴィリンクリーム」臭いの元となるバクテリアの繁殖を抑えるので、一回の利用で約1週間~2週間消臭効果が持続します。

>>ラヴィリンの詳細ページ

体の中からお茶で加齢臭改善

加齢臭を体の中から改善していくためには加齢臭の原因物質「ノネナール」を作らないようにすること。体質改善に役立つ「お茶」を紹介。

>>お茶で加齢臭対策の詳細ページ