加齢臭対策.comニオイに関する基礎知識体臭の種類と特徴>口臭

口臭

口臭(こうしゅう)はいわゆる口の臭いです。原因は様々ですが、大きく「口そのものが原因」のものと「体の内部が原因」のものがあります。口そのものが原因の場合虫歯や歯周病、食べかす、舌苔などが原因であることが多く、体内が原因の場合は消化器や代謝系の疾患(病気)の可能性もあrます。口臭の場合それぞれの原因によって治療法・対策が異なります。

口臭の種類

口臭にはおもに、特に病気が関与しない「生理的口臭」と、特定の病気(消化器系の疾患や代謝系疾患など)による「病理的口臭」があります。それぞれの口臭には基本的には原因があるため、この原因部分を改善することで口臭は改善します。

生理的口臭

舌苔(ぜったい)
食べ残し・食べかす
唾液

口の掃除(歯磨き)などが不十分で起こる口臭です。舌苔や食べ残しなどは歯磨きで対処可能です。ただし、唾液の場合は、単なる口の中の汚れというだけでなく、別の病気が絡んでいる場合もあります。また、加齢により分泌量は多少減少します。

多くの場合の口臭がこちらです。ただ、これらは日常のケアをしっかりしてあげればかなり改善することができます。詳しくは「口臭を改善する4つのポイント」もお読みください。

病理的口臭

虫歯(う蝕)
歯周病(歯槽膿漏)
・消化器系疾患
・代謝系疾患

上記などが挙げられます。こうした病理的口臭については病気自体、例えば虫歯が原因の場合は虫歯の治療をしてしまえば口臭も自然となくなります。

 

加齢臭対策グッズ 人気商品

即効性のあるクリームタイプ

おすすめは「ラヴィリンクリーム」臭いの元となるバクテリアの繁殖を抑えるので、一回の利用で約1週間~2週間消臭効果が持続します。

>>ラヴィリンの詳細ページ

体の中からお茶で加齢臭改善

加齢臭を体の中から改善していくためには加齢臭の原因物質「ノネナール」を作らないようにすること。体質改善に役立つ「お茶」を紹介。

>>お茶で加齢臭対策の詳細ページ