加齢臭対策.comニオイに関する基礎知識体臭の種類と特徴頭の臭い>髪の毛の臭い

髪の毛の臭い

髪の毛というものは非常に臭いを吸収しやすいという性質があります。髪の毛一本一本はとても細いですが、数も膨大です。そのため、表面積だけで言えば非常に大きくなるのです。当然、タバコの煙が充満した部屋、焼肉屋さんなどで過ごすとその臭いが移ることになります。これが多くの場合の臭いの原因となります。ただし、この臭いの吸収され方には個人差があります。ここでは、できるだけ髪の毛に臭いが付きにくくなる方法を解説していきます。

髪の毛の臭いの原因とは?

髪の毛がにおう場合は、他の体臭とは異なりその人自身が発する臭いではないという点が特徴です。髪の毛には小さな穴が無数に開いており、そこに臭い成分が付着しやすいという性質があります。そのため、必然的にロングヘアーの女性の方はどうしても臭いが付きやすくなります。
特に、髪の毛が痛んでいる場合は臭いをさらに吸着するため、臭いが付きやすくなります。

髪の毛の臭い対策としては以下の対策があります。

・髪の毛はしっかりと乾燥させる
生乾きの状態は通常よりも髪の毛が臭いを吸収する効率がアップ!だから、外に出るときはしっかりと髪を乾かしてから出るようにしましょう。臭いが気になるから朝シャンをするという場合でもその後、しっかりと乾かさないと逆効果に陥りますよ。

・髪が痛まないようにする
髪の臭いは髪が痛んでいることとも密接な関係があります。髪の毛を痛めないためにも、無理なブラッシングやドライヤーなどは控えて髪の毛を大切に扱いましょう。髪が痛んでいる状態では、臭いを強力に付着した上に、持続的に放出しますので、髪の毛の臭いが長時間にわたって継続してしまう原因にもなります。

・臭いが強い場所にはあまり出入りしない
喫煙室や焼肉屋さんなどはどうしても強いにおいがする場所なので、どうしても髪にも臭いが移ってしまいます。究極の対策としてはこうした場所への出入りを控えることです。

 

頭皮臭の原因は大きく前述している「フケ」と頭皮から分泌されている皮脂の二つの原因が考えられます。

・フケが原因の頭皮臭とその対策
フケは頭皮の皮膚が剥がれ落ちたものです。フケ自身には臭いがありませんが、これを放置しておくと細菌などがこれを分解しようとして悪臭が発生してしまいます。フケ症の方はできるだけしっかりとフケを落とすようにしましょう。清潔に保つことが重要です。
また、フケが出るからといて過剰なシャンプーは逆効果になります。特に、冬場にフケが出やすいという方は乾燥性フケ症の可能性がありますので、過剰なシャンプーよりも頭皮をしっかり保湿してあげる方が効果的な場合があります。脂漏性フケ症(ぱさぱさしたフケではなく、頭をかくと爪の中に詰まってしまうようなフケ)の場合はリンスやトリートメントを控えたり、使ったあとはしっかりと洗い流すようにしましょう。

・頭皮の皮脂が原因の頭皮臭とその対策
頭をかいてみて脂っぽい臭いがする場合は皮脂による頭皮臭の可能性があります。頭は皮脂腺が非常に発達している部分ですので皮脂がたまりやすく、それが腐敗することで嫌なにおいを出すのです。
具体的な対策としては、皮脂をしっかりと洗い流すことです。ここで大切なのでは、1日1回のシャンプーを守った上でその際に、しっかりと落とす事です。まず、お風呂に入ってすぐシャンプーではなく、お湯で十分に頭を濡らして指でマッサージし皮脂を浮かせます。その上でシャンプーをして腐敗した脂をしっかりと洗い流すのです。
NGな対策として気になって何度もシャンプーをしてしまうことです。朝シャンをした上で夜もお風呂に入ってシャンプーなどをすると、逆に頭皮が皮脂不足と判断してさらに過剰に皮脂を分泌してしまうという悪循環に陥ってしまいがちです。
また、臭いをごまかすために臭いの強いリンスやコンディショナー、トリートメントなどを使っても、洗い流しが不十分な場合はそれらに含まれている油分が逆に悪臭を放つ場合もあります。リンスやコンディショナー、トリートメントなどを使うなというわけではありませんが、使った場合しっかりと洗い流してください。

 

加齢臭対策グッズ 人気商品

即効性のあるクリームタイプ

おすすめは「ラヴィリンクリーム」臭いの元となるバクテリアの繁殖を抑えるので、一回の利用で約1週間~2週間消臭効果が持続します。

>>ラヴィリンの詳細ページ

体の中からお茶で加齢臭改善

加齢臭を体の中から改善していくためには加齢臭の原因物質「ノネナール」を作らないようにすること。体質改善に役立つ「お茶」を紹介。

>>お茶で加齢臭対策の詳細ページ