加齢臭対策.comニオイに関する基礎知識体臭の種類と特徴>足の臭い

足の臭い

足の臭いの原因は基本的には足にいる雑菌・バクテリアなどが繁殖してしまうことによるものです。足はどうしても靴を履く機会が多く、特に社会人の場合は革靴などを長時間にわたって履く機会が多いので、どうしても湿気の多い雑菌が繁殖しやすい状況を作りがちです。足は皮脂腺が多く、非常に多くの汗をかきます。足の臭い対策は基本的に「蒸れ対策」と言い換えることができます。

足の臭いの原因

足は一日になんとコップ一杯程度の汗をかいているといわれています。すごい量の汗です。この足の汗が出る分泌腺は「エクリン腺」と呼ばれるもので、これ自身がにおいを発するわけではありません。しかし、この多くの汗は足にいる細菌バクテリアにとっては繁殖する絶好の環境ということになるのです。
特に、足は「靴」を履くという習慣があるため、非常に通気性が悪いので、大量の汗×蒸れやすい環境による相乗効果により、爆発的に細菌が繁殖してしまうのです。
この細菌やバクテリアが皮脂などを分解する事で、強い悪臭を放ってしまうというわけです。

足の臭いに対する対策

足の臭いに対する対策としては上記の原因をつぶすことができればいいわけです。要するに「大量の汗」「蒸れる環境」「細菌の繁殖」の3つです。

しかし、大量の汗をかくというのは人間の恒常性の問題となりますので、対応できるものではありません。となると、「蒸れる環境の予防」「細菌の繁殖を抑制する」という二つの方法が主要な対策となるわけです。

蒸れる環境を予防する

第1の対策は蒸れる環境を予防するというものです。軽い足の臭い程度でしたら、この対策だけで十分な効果を発揮することが多いでしょう。具体的な対策としては

  1. 通気性のよい靴を履く、または職場ではスリッパに履き替えるなどの対策をする
    通気性を良くして、蒸れを予防します。通気性の良い靴が履ければいいのですが、難しい場合はオフィスにいるときはスリッパに履き替えるなどの対策でもOKです。

  2. 靴はしっかりと休ませる
    使った靴は毎日履くのではなく、履き替えて乾燥させます。前述のように足は1日にコップ1杯ほどの汗をかきますので、一晩だけでは乾燥し切れません。何足かのローテーションを組むようにしましょう。革靴の場合は特に「シューキーパー」などの靴のお手入れグッズも有効です。乾燥・脱臭効果があります。

  3. 吸収性・通気性の高い靴下・ストッキングを利用する
    足がかいた汗などを吸収する靴下を利用するようにしましょう。ただし、ストッキングはほとんど吸水性が無いので、通気性が良いものを選ぶようにすると良いでしょう。

細菌・バクテリアなどの繁殖を抑える

臭いの原因は細菌やバクテリアなどが繁殖し、皮脂などを分解する事で起こりますので、細菌やバクテリアの繁殖を抑えたり、皮脂などをしっかりと洗い流したりすることも対策となります。

  1. お風呂では足をしっかり洗う。特に指と指の間を念入りに
    お風呂に入ったら足をしっかりと洗いましょう。特に足の指と指の間には多くの汚れがたまりやすい上、雑菌などもここに多く存在しています。こうした汚れを石けんでしっかりと洗い流します。特に、足の臭いが気になる場合は殺菌力の強いもので洗うようにすると効果的です。

  2. 細菌・バクテリアの繁殖を抑えるデオドラントグッズを使う
    特に足の臭いが気になる場合の対策です。足の臭い対策の場合、マスキング(他の臭いで足の臭いを抑える)という方法はあまり向いていません。かえって蒸れてしまい、良い臭いが悪い方向に混ざって悪臭となる場合があります。そのため、対策としては殺菌性のあるデオドラントクリームなどを足に塗る方が効果的でしょう。
    オススメの商品としては「デオドラントラヴィリン(足用)」「デオナチュレ」などが細菌・バクテリア対策のデオドラント商品として人気があります。

 

加齢臭対策グッズ 人気商品

即効性のあるクリームタイプ

おすすめは「ラヴィリンクリーム」臭いの元となるバクテリアの繁殖を抑えるので、一回の利用で約1週間~2週間消臭効果が持続します。

>>ラヴィリンの詳細ページ

体の中からお茶で加齢臭改善

加齢臭を体の中から改善していくためには加齢臭の原因物質「ノネナール」を作らないようにすること。体質改善に役立つ「お茶」を紹介。

>>お茶で加齢臭対策の詳細ページ