加齢臭対策.com加齢臭とは加齢臭の原因物質「ノネナール」>ノネナールの生成を阻害する

ノネナールの生成を阻害する

加齢臭を抑える外科的な手法が皮膚の上で9-ヘキサデセン酸がノネナールへと分解・発酵される過程自体をストップさせるというものです。要するに酸化を抑えるための酸化剤、発酵させる細菌をやっつける抗菌剤などを利用する事で、9-ヘキサデセン酸をノネナールへと変化させない取り組みです。効果は短時間で現れますが、持続性は低いという特徴があります。

脂肪酸がノネナールに変化するのを阻害・ストップ

加齢臭のニオイ成分は「ノネナール」なのですから、このノネナール自体が発生するのを阻害したり、ストップさせることができれば、ノネナール(ニオイ)の発生を抑えることができます。この方法は基本的には、体の皮膚に対して対策を施す事でニオイに対応する加齢臭対策となります。

  1. 皮膚にいる菌を殺菌・抗菌する
    脂肪酸がノネナールに変化する原因の一つが皮膚にいる「常在菌」と呼ばれる細菌たちです。これらの細菌が脂肪酸を分解・発酵させることによりノネナールが発生します。この細菌を殺菌・抗菌することで、ノネナール生成を阻害します。

  2. 脂肪酸の酸化を防ぐ
    脂肪腺から分泌された「9-ヘキサデセン酸」が酸化するのを防ぎます。基本的には抗酸化剤を使う事で、分泌された9-ヘキサデセン酸が酸化するのを阻害して、結果としてノネナールの生成を抑えます。

  3. 常に清潔さを保つ
    最後の項目は1~2を行った上で、常に身体を清潔に保つことです。上記の方法ではノネナールの生成自体は抑えることはできても脂肪酸の分泌自体は行われており皮膚上に存在していることになります。こうした脂肪分をこまめに拭いたりする事で、さらに効果がアップするといえるでしょう。

こうした方法は一般に「加齢臭対策消臭グッズ」が機能を持っています。加齢臭対策を謳うデオドラント商品のほとんどはこの1~3に関連する商品となっています。「加齢臭対策消臭グッズ」ではこうしたノネナールの生成を阻害する消臭グッズを紹介しています。

 

加齢臭対策グッズ 人気商品

即効性のあるクリームタイプ

おすすめは「ラヴィリンクリーム」臭いの元となるバクテリアの繁殖を抑えるので、一回の利用で約1週間~2週間消臭効果が持続します。

>>ラヴィリンの詳細ページ

体の中からお茶で加齢臭改善

加齢臭を体の中から改善していくためには加齢臭の原因物質「ノネナール」を作らないようにすること。体質改善に役立つ「お茶」を紹介。

>>お茶で加齢臭対策の詳細ページ