加齢臭対策.com加齢臭とは加齢臭の原因物質「ノネナール」>9-ヘキサデセン酸(原因物質)の生成自体を減らす

9-ヘキサデセン酸の生成自体を減らす

加齢臭対策の一つが酸化・発酵することでノネナールを生成する9-ヘキサデセン酸の発生量自体を減らす対策です。この対策により大本の原因となる絶対量が減少するので、加齢臭を抑える効果的な手法といえます。一方で、体内環境を改善する必要があるため、時間が必要になりますが、長期的な改善がみられるという特徴があります。

ニオイの元となる原因物質の発生自体を減らす

加齢臭のニオイ成分は「ノネナール」という成分ですが、この成分を作り出す大本は脂肪酸の一種である「9-ヘキサデセン酸」という物質です。
つまり、この9-ヘキサデセン酸自体の分泌量を減らすことさえできれば、最終的なノネナールが生まれないことになり加齢臭が抑制できるということになります。

9-ヘキサデセン酸の分泌量を減らす方法

まず、大前提として加齢ともに分泌量が増加する「9-ヘキサデセン酸」の生成自体を100%抑えることはできません。あくまでも体質を改善してへらすことができるという程度です。
しかし、こうした生活習慣を改めることで、全体的な、長期的な改善が見られることも確かです。

  1. 脂肪分の摂取量を極力減らす
    脂質は身体にとって必要な栄養素の一つです(参考:三大3栄養素)。しかし、現代人は脂肪を過剰摂取しているといわれています。脂肪分が過剰に摂取されるとその分対外に排出される脂肪分も多くなり、結果として「9-ヘキサデセン酸」の増加を招いてしまいます。

  2. 抗酸化物質の摂取量を増やす
    抗酸化物質を摂取することで、体内の酸化を抑制することができ、結果として脂肪酸(9-ヘキサデセン酸)の生成を抑えることができます。代表的な抗酸化物質として「ビタミンC」「カテキン(緑茶)」「ポリフェノール」などがあります。こうした物質を意識的に摂取する事で酸化を抑制します。

  3. その他脂肪酸を過剰分泌させないような生活習慣とする
    生活の乱れは脂肪酸の分泌量を増加させる原因となります。暴飲暴食、過度な喫煙、寝不足などは脂肪酸分泌増につながるので注意が必要です。

こうした9-ヘキサデセン酸の分泌量を減らすための取り組みとして「生活習慣を改善して加齢臭対策」の項目では、具体的な生活習慣の改善方法を解説していますので参考にしてみてください。

 

加齢臭対策グッズ 人気商品

即効性のあるクリームタイプ

おすすめは「ラヴィリンクリーム」臭いの元となるバクテリアの繁殖を抑えるので、一回の利用で約1週間~2週間消臭効果が持続します。

>>ラヴィリンの詳細ページ

体の中からお茶で加齢臭改善

加齢臭を体の中から改善していくためには加齢臭の原因物質「ノネナール」を作らないようにすること。体質改善に役立つ「お茶」を紹介。

>>お茶で加齢臭対策の詳細ページ