加齢臭対策.com加齢臭とは>加齢臭の原因物質「ノネナール」

加齢臭の原因物質「ノネナール」

実は最新の研究で、加齢臭の原因は「ノネナール」という物質が関与していることが分かっています。このノネナールとは青臭さと脂肪臭さを併せ持っている物質で、男女共に40歳を越えたあたりで分泌が多くなります。つまり、加齢臭対策とはこの「ノネナール対策」であると換言することもできるのです。

ノネナールとは何か?

ノネナールとは2000年に資生堂の研究チームにより発見された物質です。青臭さ、脂肪臭さを持つ不飽和アルデヒドです。このチームにより「加齢臭」と名前が命名されています。
これは、汗腺のソバにある「皮脂腺」と呼ばれる場所から出る脂肪酸(バルミトオレイン酸)が酸化したり、皮膚にいるバクテリアがこれを発酵させることで生まれる物質です。
このノネナールは20歳、30歳の年齢ではほとんど確認することができませんが、40歳代から急に生成されるようになります。
加齢ともにノネナールが含まれるようになるのは、40歳以降になると皮脂腺から分泌される脂肪酸に「9-ヘキサデセン酸」が含まれるようになるためといわれます。これが酸化・発酵することでノネナールが精製されるのです。

ノネナールの発生は止められるのか?

加齢臭の原因であるノネナールの発生を減らすにはどのような対策があるのでしょうか?対策としてはおおきく「9-ヘキサデセン酸(原因物質)」の生成自体を減らす、少なくするという対策が一つ。もう一つは「9-ヘキサデセン酸がノネナールへと分解される過程をストップさせる」という二つの対策が挙げられます。
医療で言うところの「内科的治療」と「外科的治療」のようなものです。

内科的治療:からだの中から発生する原因物質の量を減らす
外科的治療:発生した原因物質を取り除く、不活性化する

以上の二つが主な対策となります。

9-ヘキサデセン酸(原因物質)の生成自体を減らす

加齢臭対策の一つが酸化・発酵することでノネナールを生成する9-ヘキサデセン酸の発生量自体を減らす対策です。この対策により大本の原因となる絶対量が減少するので、加齢臭を抑える効果的な手法といえます。一方で、体内環境を改善する必要があるため、時間が必要になりますが、長期的な改善がみられるという特徴があります。

ノネナールの生成を阻害する

加齢臭を抑える外科的な手法が皮膚の上で9-ヘキサデセン酸がノネナールへと分解・発酵される過程自体をストップさせるというものです。要するに酸化を抑えるための酸化剤、発酵させる細菌をやっつける抗菌剤などを利用する事で、9-ヘキサデセン酸をノネナールへと変化させない取り組みです。効果は短時間で現れますが、持続性は低いという特徴があります。

ノネナールに関するQ&A

ここでは、ノネナール(原因物質)について寄せられた一般ユーザーからのQ&A、質問などを掲載しています。あなたの参考になる情報があるかもしれません。一度ご覧下さい。

 

加齢臭対策グッズ 人気商品

即効性のあるクリームタイプ

おすすめは「ラヴィリンクリーム」臭いの元となるバクテリアの繁殖を抑えるので、一回の利用で約1週間~2週間消臭効果が持続します。

>>ラヴィリンの詳細ページ

体の中からお茶で加齢臭改善

加齢臭を体の中から改善していくためには加齢臭の原因物質「ノネナール」を作らないようにすること。体質改善に役立つ「お茶」を紹介。

>>お茶で加齢臭対策の詳細ページ