加齢臭対策.com加齢臭とは>年齢と共に加齢臭がきつくなる理由

年齢と共に加齢臭がきつくなる理由

加齢臭は名前の通り年をとるごとにニオイが強くなる体臭です。体臭(加齢臭)の原因自体はニオイ物質「ノネナール」なのですが、なぜ加齢(年をとる)とそのニオイが強くなってくるのでしょうか?ここでは加齢により加齢臭が出始める理由を解説します。

年とともに分泌される成分が違ってくる。

加齢臭については40歳代以後から分泌される脂肪酸(9-ヘキサデセン酸)が酸化・発酵することにより生じる「ノネナール」により発生するとされています。

また、30歳を過ぎた頃から、体臭が変わってきたなーという方は加齢臭(ノネナール)ではなく、「ペラルゴン酸」と呼ばれる物質が原因です。こちらは男性独特のもので、女性には見られません。

 

脂肪の増加+活性酸素の増加などでニオイがきつくなる

さらに、年齢を経るにしたがって、体内の脂肪(中性脂肪量)が増加したり、活性酸素の増加などに伴い、原因物質である9-ヘキサデセン酸の分泌量の増加や、分泌された9-ヘキサデセン酸の酸化スピードの上昇などにより、加齢臭のニオイ成分となる「ノネナール」の総量も増大してしまいます。これが、年齢を経るにしたがって加齢臭がきつくなる原因です。

こうした点はある程度は人間の老化により仕方がないという部分はあります。

しかし、食生活を改善したり、運動をするなどの対策など生活習慣の改善によってある程度、加齢臭を抑えることは可能です。

生活習慣を改善した上で対策グッズの利用すれば加齢臭の悩みを小さくすることができるでしょう。

 

加齢臭対策グッズ 人気商品

即効性のあるクリームタイプ

おすすめは「ラヴィリンクリーム」臭いの元となるバクテリアの繁殖を抑えるので、一回の利用で約1週間~2週間消臭効果が持続します。

>>ラヴィリンの詳細ページ

体の中からお茶で加齢臭改善

加齢臭を体の中から改善していくためには加齢臭の原因物質「ノネナール」を作らないようにすること。体質改善に役立つ「お茶」を紹介。

>>お茶で加齢臭対策の詳細ページ